家庭的な環境で子どもの成長を見守ります。福山市南蔵王町、つなぎ保育園

>
保育理念・方針・目標

保育理念・方針・目標

はじめに

社会福祉法人 福美会の運営するつなぎ保育園は、社会福祉事業法第3条および第5条にある「基本理念」「地域等への配慮」「事業経営の準則」に基づき、「子どもの健やかな成長を援助する」ことを基本理念とします。
そして、以下に掲げる「保育理念」・「保育方針」・「目標」に基づき、保育に取り組んでいます。

 

保育理念

児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行います。保育にあたっては、「児童憲章」「子どもの権利条約」に基づき、子どもの人権や主体性・個性を尊重した保育を基本とします。
その上で、子どもの心を大切にし、常に子どもの視点に立って接していくなかで、子どものもてる可能性を、子ども自身の力で開花させていくことに力を注ぐ保育を実践します。

また、児童ひとりひとりの最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行います。

なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため人間性の向上、知識の修得・技術の向上に努めます。
また、家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかける努力をしていきます。

 

■ 施設長からのひとこと

小さいながらも楽しい我が家。少人数制で子ども、保護者、職員の輪を保ち、地域に密着したアットホームな雰囲気の保育園です。
子どもは色々な人と関わりを持って、成長していきます。
保育園に通う純粋な時期に健康な身体と健やかな心、考える力がバランスよく育ち、生きる力を持った子どもに育つ保育を心がけています。
子どもが目を輝かして生活が出来、保護者の皆様が安心していただける保育園であるように日々、努力しています。

 

保育方針

「保育所保育指針」に依拠して、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とします。
また、常に児童の最善の幸福を願うために保護者から意見や要望があれば真撃に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明をして、よりよい保育のために努力研鎖することを基本とします。

 

目標

年間目標 「あいさつが できる子」「じぶんの気持ちが 表現できる子」

毎月の保育便りで保育目標、給食献立、その他行事計画等をお知らせし、家庭の協力を得て保育の向上に努めます。

 

主な年間行事

日時 内容 場所
4月 入園式  つなぎ保育園
5月 はなまつり  つなぎ保育園
7月 夏祭り  つなぎ保育園
8月 チャレンジ保育  つなぎ保育園
10月 運動会 福山市立蔵王小学校
11月 社会見学 宮島
文化祭 福山市立蔵王小学校
12月 クリスマス発表会 福山市東部市民センター
2月 ふれあいひなまつり JA福山 蔵王支店
3月 卒園式  つなぎ保育園